fc2ブログ

BAYBROOK KOKURA

小倉駅2FのBAYBROOKです。 日々スバラシイアイテム達をご紹介していきます!!

ちょっとなんでホントにちょっとなんで・・・。




昨日はお休みを頂いて、家の大掃除をしてみました。




うん、やっぱり大事ですね。そういうこと。




衣・食・住。バランスよく行かなければ。




と、つくづく感じた昨日。




と、反対にふと気付いた。7:2:1。




うん、いいバランスです。




こんばんは。小倉店の自然食品イシバシです




最近天気が崩れて寒いなぁ~と感じることもありますが。




外に出てると、そうでもないなと。




冬の終わりを肌で感じるようになってきました。




そんな時には、こちらから!!



blog120302 (2)




SAINT JAMES




定番アイテムだからこそ、なくならないデザインだからこそ。




傍らに置いておきたい。そういうのではないでしょうか?




今回は"春"らしく。清々しいグリーン2タイプの入荷です。



blog120302.jpg




まずは、ホワイト×THEグリーンのオーソドックスタイプ。




差し色としてはもちろん。一枚着での安心感も不動のものです。


blog120302 (10)
blog120302 (9)




マリンボーダーといえば、ネイビーラインだったりしますが。




爽やかさでは、THEグリーンも負けてはいません。




"THE"ってなんだ?そうです。他に言いようがない。見事なグリーンってことです。



blog120302 (3)
blog120302 (4)




デニムシャツとかデニムシャツとかデニムシャツとか、めっちゃ・・・。




続いては、ちょっとひと味変わった色合い。



blog120302 (6)
blog120302 (5)




オフホワイト×アクアブルー。




いいカラーネームですね。




ファイティング原田、スパイダー根本、ピューマ渡久地。




いいリングネームですね。



blog120302 (7)
blog120302 (8)




薄いグリーンと言ったら早いのかもしれませんが、そんな単純でもござりません。




オフホワイトに合わせたような程よい淡さが優しげにもアジある雰囲気を出してくれます。




はっきりとしたボーダーがニガテな方には特にオススメかもしれません。




いっても、合わせ方によってはちゃーんと主役も張れますので悪しからず。




今の時期もそうですが、ちょっとしたワンポイント。




なんだかんだで、大事です。そこに気付くか気付かないか。




今日の晩飯。食うか食わないかって言うぐらい大事です。・・・か?




兎にも角にも、この時期の活躍は間違いナシっていうことですね!!




荒れ狂う大波にこれから飛び込んで行くにはモッテコイデス。




さぁ、いざ行かん。イヤン。バカン。




SAINT JAMES OUESSANT / 9,975 yen




エノキかな?シメジかな?ナメコかな?




今日はやっぱり。モヤシかな!!




今宵の食卓盛りだくさん!!




明日を夢見るイシバシでしたよ~








通販をご希望、お問合せはこちらまで。


BAYBROOK KOKURA (ベイブルック小倉)


tel/093-512-1123


mail/baybrookkokura@gmail.com


通販の手順はコチラをご覧ください。






👆YouTubeチャンネル"BAYBROOK CHANNEL"

BAYBROOKのYoutubeついに開設!チャンネル登録お待ちしてます🙌



公式LINEはじめました。 友だち追加

友だち追加をされるとLINEでお気軽にお問合せいただけますよ♪



Instagramはじめました。 ▶ BAYBROOK_KOKURA

フォローされると小倉店のゴキゲンな画像をご覧いただけますよ♪

insta_cover1.jpg
検索
BRAND
カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
SHOP INFO
QR CODE
AMUBAYBROOKのQRコード
QR
MAILE FORM
お問い合わせメールはこちらよりよろしくお願い致します。 (お問い合わせの際は必ずご自身のメールアドレスを送付して下さい!!) 電話 093-512-1123

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ