FC2ブログ

BAYBROOK KOKURA

小倉駅2FのBAYBROOKです。 日々スバラシイアイテム達をご紹介していきます!!

Barbour : これぞ伊達男。無骨にもスマートなオイルドジャケット。






こんばんは。イシバシです🍃





「Ten C」に続き「Barbour」と男前なアウターが続いています。





さらに、期待に胸を膨らませている来週は「MONCLER」。





どうやら今月がアウターの最終決戦となることでしょう・・・。





早く涼しく、寒くならないかなー。強く願います!!





では、今夜のご紹介は??





昨日の到着を心待ちにしてくださっていた方も多い・・・。





Barbour





せっかくなので125周年モデルといきたいところですが(笑)





昨日の写真を見る限りこちらの良さが控えめすぎたので・・・。





■Beacon Sports Jacket / 85,000 +TAX

20191003(3).jpg

20191003(4).jpg

20191003(6).jpg

SIZE / XS , S , M , L






着用時にどれほどカッコいいかご覧頂きたいと思います!!





ご存知の方も多いようですが・・・。





某映画「007」でかの有名なジェームス・ボンド(ダニエル・クレイグ)も着用したモデルなんです✨





世界一の伊達男と言っても過言ではないボンドさん。





ワイルドかつセクシーという言葉が似合いますよね??





テーラードタイプの定番よりも少し薄めの仕上がりの為。





よりスマートな着こなしが上品にも楽しめることでしょう🎩





20191004(1).jpg


20191004(2).jpg


20191004(4).jpg


20191004(3).jpg


20191004(5).jpg





もちろん、タフでラフな着こなしも味わいが出れば出るほど染み渡っていきます・・・。





思い起こせば、ずいぶんと前に展開されていた「Barbour x TOKITO」。





その中に「Cycling Shirt」というモデルがありました。





当時ではより珍しくシャープなシルエットのBarbourだったため。





スタッフの私物をお客様がなんとか奪えないか計略を巡らせるほどの人気っぷりでした。





全く異なるモデルではありますが・・・。





今回のスポーツジャケットも、同様の気配ムンムンです!!





20191004(6).jpg





125年の歴史を感じる趣のある佇まいと。





スタイリッシュにも新鮮味を感じる雰囲気。





ワイルドにセクシーな伊達男。





そんなときも必要です。





僕のあこがれはジョン・ウィック。





今週末はヘヴィーな小倉店をお楽しみください♪





ではでは、今夜もこの辺で・・・。





イシバシでしたよー🌱














■スタッフ募集中!!■

ベイブルックではご一緒に働く販売スタッフを募集しております。

image1.jpg

☆パート・アルバイト可
☆経験者優遇
☆社員登用有

詳しくは店頭スタッフ、または下記へご連絡ください♪

採用担当 / 093-513-5710 / 安元






マイナビ2019












関連記事


通販をご希望、お問合せはこちらまで。


BAYBROOK KOKURA (ベイブルック小倉)


tel/093-512-1123


mail/baybrookkokura@gmail.com


通販の手順はコチラをご覧ください。




公式LINEはじめました。 友だち追加

友だち追加をされるとLINEでお気軽にお問合せいただけますよ♪



Instagramはじめました。 Instagram

フォローされると小倉店のゴキゲンな画像をご覧いただけますよ♪

コメントの投稿

非公開コメント

insta_cover1.jpg
検索
BRAND
カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
SHOP INFO
QR CODE
AMUBAYBROOKのQRコード
QR
MAILE FORM
お問い合わせメールはこちらよりよろしくお願い致します。 (お問い合わせの際は必ずご自身のメールアドレスを送付して下さい!!) 電話 093-512-1123

名前:
メール:
件名:
本文:

ページの先頭へ